メニュー

相談・カウンセリング

相談・カウンセリング

セクシャルマイノリティに対する偏見や差別から、
セクシャリティや性病などに関する悩みは、
家族や友達など周囲の人にはなかなか相談できないものです。
SHIPでは人それぞれのニーズに答えるために
さまざまな方法で相談を行ってます。

「同性の人を好きになり悩んでいる」
「自分の性別に違和感がある」
「クラスでカミングアウトしたけど先生が理解してくれない」
「ウチの子が性同一性障害かもしれない」
「同じセクシュアリティの友達との出会い方を教えてほしい。」
「支援している方からカミングアウトを受けたが、より良い支援の仕方について相談したい」

電話で相談をしたい

SHIP・ほっとライン

電話による相談です。
全国どこからでも利用できます。
相談は無料ですが、通話料は各自の負担になりますのでご注意ください。

対象

同性、両性が好き、性別に違和感があるなどのセクシュアルマイノリティの当事者の方、自分がそうではないかと迷っている方、ご家族や教員など当事者と関わる周囲の方

045-548-3980

毎週木曜 19:00〜21:00

個室でゆっくり話をしたい

専門の相談員(臨床心理士など)が、個室で話を伺います。
対面相談は次の4種類があり、曜日と料金が異なります。

名称 曜日 料金 予約制
SHIPカウンセリング 水・金・土(隔週) 有料
よこはまLGBT相談 月・木(各月1回) 無料
よこすかLGBTs相談 指定なし 無料
かながわSOGI派遣相談 指定なし 無料

SHIPカウンセリング

対象

同性愛や両性愛、性別に違和感があるなどのセクシュアルマイノリティの当事者の方、自分がそうではないかと迷っている方、ご家族など当事者と関わる周囲の方です。

日時

カウンセリングの実施日時は、下記の通りです。
(予約が入っている枠もあるため、電話でお問い合わせください)
第2・4水曜日 17:00、18:00、19:00
第2・4金曜日 14:00、15:00、16:00、17:00、18:00、19:00
第1・3土曜日 12:00、13:00、14:00、15:00、16:00

相談時間

1回45分

料金

小中高校生:無料
一般:初回1,500円、2回目以降は3,000円/回
(大学生、専門学校生、小中高校生のご家族も「一般」となります。)

会場

横浜市AIDS市民活動センター の個室
横浜市中区尾上町3丁目39番地 尾上町ビル9階
(JR・市営地下鉄 関内駅 徒歩2分)
問い合わせは「SHIPにじいろキャビン」へお願いします。

予約・問合せ

完全予約制です。電話でご予約ください。

特定非営利活動法人SHIP045-306-6769

水・金・土 16:00〜20:00
日曜 14:00〜18:00

コロナ対策の臨時対応について

コロナウイルス感染予防のための臨時対応として、次の2通りの相談を実施します。

「SHIPにじいろキャビン」における対面相談
zoomによるオンライン相談

2020年1月以降に相談したことがある方に限らせていただきます。
初めての方は当面の間、ご利用できません。

詳しくはこちらをご覧ください。

学校など支援機関の方の相談

学校の先生や相談機関、行政、企業の方からのご相談は、「問い合わせフォーム」に所属機関名、電話番号、お名前を記入して下さい。
折り返し担当者から電話致します。
または、次の時間帯に電話下さい。

045-306-6769

水・金・土 16:00 〜 20:00 / 日 14:00 〜 18:00