メニュー

おすすめの図書

セクシュアルマイノリティ(LGBTQ+など)について知りたい、
LGBTQに関する図書を読んでみたい。
ここではスタッフのおすすめ本の紹介と、SHIPで読める本を
調べることができます(蔵書検索は準備中です)。

スタッフのおすすめ図書

『There Goes The Gayborhood?』

Amin Ghaziani / 2014 / Prinstron University Press

ゲイタウンは歴史的にどうやって生まれ、これからどうなるのか?アメリカの「国勢調査」データと、シカゴのゲイタウンでのフィールドワークを元にして論じた社会学の本です。夜遊びを卒業した年代と、学童年齢・非白人・でトランスの子どもたちの動向は、とても興味深いです。

2022/09/19 レビュアー:Miyaken.

『ポリセクシュアル・ラヴ ひとつではない愛のかたち』

石井達朗 / 1997 / 青弓社

「ポリセクシュアル」の「ポリ」とは、”複合的”なという意味を持つ言葉です。世の中の出来事は、男-女、女-女、男-男といったカテゴライズの外側にも広がっているものです。写真や映画といった芸術作品を切り口に、そういった「広がり」に触れられる1冊です。

2022/09/05 レビュアー:Neon

『パパは女子高生だった』

前田良 / 2019 / 明石書店

2013年、女性として生まれ戸籍を変更した夫とその妻がAID(非配偶者間人工授精)でもうけた子に最高裁は『法的な父子関係』を認めた。女性として生まれパパになった男性の小さいときの話から、結婚して家族を築くまでの話が2人の間に生まれてきた子ども視点で描かれる。妻の視点で語られているパートもあるので、当事者だけでなくパートナーにもオススメの一冊。

2022/08/26 レビュアー:拓人

おすすめ一覧