メニュー

情報がほしい

セクシュアルマイノリティ(LGBTQ+など)について
知りたいと思った時、
「最初にどこを調べたらいいのかわからない…」
ここでは色々な当事者の体験談や情報を紹介しています。

情報を調べる時のポイント

ネットで気になる情報を見つけたら、まずはその情報は、誰が、いつ、何のために書いたものか確認しましょう。信頼できる情報源でも、記事が古いと参考にならない場合があります。また、強い言葉で不安をあおったり、行動を促すサイトには注意が必要です。

書籍でも情報を得ることができます。書籍の多くは「誰が」「いつ」書いたかが明確で、複数の人が発行に関わるので客観的な側面もあります。学校や最寄りの図書館で本を借りるのに抵抗があれば、ネットで購入したり、少し遠くの図書館に行ってみたり、SHIPで読むこともできます。

1人で調べるのに迷ったら

「インターネットや本をみても、自分にとってどれが合っているのかよくわからない」「どうやって情報を探していったらいいのかわからない」そんな時は電話や対面で相談する事ができます。

SHIPの相談やカウンセリングでは、悩みごとの相談だけでなく、情報探しのご相談もお受けしています。

みんなの体験談

みんなの体験談

「自分と同じようなセクシュアリティの人は、どんなふうに思っているんだろう?」色々な人の体験談の中に、「自分はどうなのかな?」と考えるヒントがあるかもしれません。


おすすめの図書

おすすめの図書

準備中


おすすめのサイト、団体

おすすめのサイト、団体

準備中


LGBTQ+って知っていますか?

LGBTQ+の人は、セクシュアルマイノリティ(少数派)とよばれることもありますが、いわゆる「多数派」(自分の性別に違和感がなくて、異性を好きになる人)からみて、数が少ないだけで、決しておかしい事ではありません。

L レズビアン 女性が好きな女性
G ゲイ 男性が好きな男性
B バイセクシュアル 男女どちらも好きになる人
T トランスジェンダー 生まれた時に決められた性別に違和感がある人
FtM、トランス男性 生まれた時に決められた性別は女性だが、男性として生活している(したいと思う)人
MtF、トランス女性 生まれた時に決められた性別は男性だが、女性として生活している(したいと思う)人
Xジェンダー、ノンバイナリー 男女どちらの性でもない人
LGBTの他にも色々な人がいます。
Q クエスチョニング 自分のセクシュアリティがわからない、迷っている、決めたくない人
Aセクシュアル 性的欲求や恋愛感情を持たない人
Aロマンティック 性的欲求はあるが、恋愛感情を持たない人
パンセクシュアル (男女の二分ではなく)全ての性別の人を好きになる人

上の表にあげた以外にも、色々なセクシュアリティの人がいます。

多様な性のあり方

グラデーション

一般的には性別を「男」「女」の2種類で考えがちですが、その人の性のあり方(セクシュアリティ)は、4つの要素で考えてみることができます。

このグラデーションのどこに位置しているかは、一人一人違います。LGBTQの人も、いわゆる「多数派」の人も、その人個人のセクシュアリティがあるのです。